FC2ブログ
9月1日にアップしたけど消えてしまったので、再度アップした記事です


たくさんの方にご心配をかけ、そして温かい励ましを頂きました。
本当にありがとうございます。


結果を報告します。


異常なし!


でした。

15時に病院に行ったときは、まだ結果が届いてなくて、夕方に先生から電話で教えてもらいました。

孫ちゃまのお迎えで、車に携帯を置いたままにしている間に着信があったのですが、二回も着信があって、折り返して結果を聞くまでは、目の前がグルグル回ってました。

電話をしてきた先生はのび太先生。

すぐに先生に繋がれて、のび太先生がついさっき結果がきたんです!って、明るい声でいいます。

もしかして!と、話を聞いていると、結果は異常なしです!!って。


すごく嬉しかったです。

のび太先生に何度もありがとう!と言いました。

そして、気になっていた性別を聞いたら、送られてきた結果に記されていないとのこと。


ちょっとだけガッカリしましたが、異常なしの、結果が出たので男でも女でもどっちでもいいです。

今日は妊婦検診もあって、担当がのび太先生なので、いろいろあったのですが、取り急ぎ、結果報告をアップさせていただきます。

詳しい話や出生前診断で感じたこと、思ったことを少し冷静になってから書こうと思います。


皆様の祈りのおかげで、無事にクリアできました。本当にありがとうございます。そして、今から羊水検査を受ける方、今結果待ちをしている全ての妊婦さんに、私と同じ喜びが訪れることを祈ってます。

最後までお読みいただきありがとうございます。
応援ポチ、よろしくお願いします
↓↓↓↓

にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



2014.09.03 Wed l 出生前診断 l コメント (2) l top
昨日、私の羊水検査を書いたのですが、書ききれなかったお話を書きます。

ただし、今日のブログは羊水検査の詳細と言うより、検査の時に思ったことを中心に書いてます。


その1

検査のために、陣痛室でまたされている間、エコーの機械の電源が入ったまま放置されていたんです。


もしかして、お腹に当てたらみえるんじゃね?

やり方、見てるからわかってるし。

うふふふふふふふ(笑)

さわった瞬間、ビーーってなったりしたら怖いし、なにより1台うん千万の機械を壊したら怖いので、断念しました。


でも、こんなチャンス滅多にないから、勇気を出してやってみるんだったなぁと、後悔してます(笑)


その2
クアトロの検査の結果がちゃんと記載されている用紙を、検査の直前にのび太が持ってきました。

今かよ!

まったく、とことんのび太だよ!君は!


その3

担当の看護師さんの年齢が26歳で、8歳と4歳のお子さんのママ。
18歳で最初の子を出産してから看護師さんになったそうです。
助産師を目指してるそうです。明るくて優しい方だったので、素晴らしい助産師さんになると思います。

その看護師さんが、40代になったらもう一人子供を産むのが夢なんです。だから、ふかみぃさんは憧れですって、言うんです。

照れましたが、産むなら今でしょ!って心の中で思いました。この看護師さんとは、これからも顔を合わせると思うので、夢を壊さないように頑張ろうと思います。

その4

羊水を抜いている間、ものすごい緊張してました。針が刺さってることと、もうひとつ、我慢してるオナラ。

羊水を抜いてる間、じっとり脂汗がでてきて、眼鏡が曇りました(笑)。針を抜いて、お腹をきれいにしてもらって、楽になり、誰もいなくなった瞬間、体を少しだけ仰向けから右に傾けて・・・・


プッスッーーーー


人生最大にして、盛大なオナラを期待?していたのに、こんだけ?

まぁ、実じゃなくてよかったです(笑)

ちなみに、23年前に娘を出産したとき、ちょっとだけ、
実が出ちゃいました\(//∇//)\

どんだけオシモが弱いのよ、私って(笑)


その5

針の痛みですが、皮を突き抜けて、内臓ラインに突入すると痛みはなくなります。表面の少し下のところで鈍い痛みが、夜までありました。でも、刺したあとは、よーくみないとわからないくらい小さい赤い点です。細い針だと痛みは軽くなりますが、細いゆえに採取に時間がかかるので、細くても麻酔をしてほしいと思います。

その6

分娩台の進化ですが、23年前にお産したときは、幅か狭くて、固くて、リクライニングなんて機能はありませんでした。
手で握るハンドルは、電車のつり革みたいでした。それが、今はシングルベッドより少し狭いくらいで、背中も痛くならない!寝返りだってうてちゃう。それを看護師さんに話したら、これでも痛いって言われますって。

娘も痛いよーって。

これだけは、辛い時代を知ってて良かったのかも(笑)

その7

奴隷、もとい彼(笑)が夕食何がいい?お湯を入れるくらいなら出来るけど、って言います。

彼は家事は一切やりません。というより出来ません(笑)


昨夜はオリジン弁当が夕食でした。たまには、いいですね。こういうのも。

そして、数日前から食べたかったと、カップ麺を買ってきたのですが、ウォーターサーバーでお湯を入れようとしたら、

「ふかみぃちゃん、お湯がでないの」

( ノ゚Д゚)ノ

お湯を入れることもできねぇーじゃねぇか!(笑)

使い方を説明しましたが、お産が違う意味で心配です(笑)



最後までお読みいただきありがとうございます。

応援ポチ、よろしくお願いします
↓↓↓↓

高齢出産ブログランキング




2014.08.20 Wed l 出生前診断 l コメント (4) l top
羊水検査の土壇場で、彼は逃げました。

正確にいうと、病院にはいくけど、一緒にいられないって。

をい!!この、意気地無し!
おまえ、一生、私と赤ちゃんの奴隷だからな!とは、言いませんでしたが、彼が逃げたくなる気持ちはよくわかります。私も何がなんでも一緒にいて、と言わなかったので、お互い様かな。

娘いわく、お母さん強すぎ!だそう(笑)


受付を済ませ、産科病棟へ。
同意書などの書類を確認して、分娩室へ。

しばらく待たされたのですが、その時に分娩台の横のワゴンの上に、羊水検査の準備がしてあり、誰もいないのでじっくり観察しちゃいました。

25Gと書いてある針が3本。25Gは調べた中ではかなり細い針なので、麻酔なしの様子。

あと、コーヒーミルクみたいな小分けされた密封のカップに入ったイソジンみたいな消毒薬。ピンセットなどの器具もすべて袋に入ってました。

で、ワゴンの下の段に「羊水検査の手順」なんて書いてある紙を発見。

かなり詳しく書いてあって、手順の中に、このときに患者さんに話しかけるみたいな記述もありました。

なんだろう、こういうの見ちゃうと面白いと思いつつ、こんなの見ながらやられるの嫌かも、と不安に。

その紙の上にポストイットが張ってあり、ドクターの名前が二人書いてありました。

一人は知らない人。総合病院で産婦人科の先生が10人以上いるんですよね。私はまだ3人しかお会いしてません。出産が終わるまでにコンプリートできるかしら?(笑)

そして、もう一人はのび太!!(のび太については、クアトロ検査の結果報告のblogに詳しくかいてあります)

もうね、帰りたくなりました(笑)

もう一人の先生に希望を託し、じっと待ってました。


すぐに、看護師さんが入ってきて、手順の説明を受けました。

トイレを済ませて、病院のパジャマに着替えてくださいと言われたのですが、渡されたパジャマはLサイズ。

(ll゚益゚)

ええ、わかりますよ。Mとか渡されて、きついので変えてなんて言うのは恥ずかしいし、一枚無駄になりますもんね。

トイレのあと、自動販売機で水を買って部屋に戻ったら、看護師さんが、先生がこの後手術で、時間がおしてるので、ちょっと急いでくださいって。

私も手術ですけど!

てか、のび太のくせに掛け持ちか?!
のび太のくせに、生意気だぞ!

すぐに着替えて分娩台へ。

23年前に娘のお産で乗って以来ですが、広くて柔らかくて、進化してますねぇ。色もやわらかい黄色で。ただ、上りにくいのは同じでしたけど(笑)

急げと急かすわりに、のび太はゆっくりやって来たのですが、のび太と一緒にきた先生をみて、テンションが一気に


なんと、大好きなF先生!!
ポストイットには違う先生の名前だったから、嬉しかったです。

F先生がいるなら、のび太もいていいよ!(笑)


F先生、私を見たらすぐに、体調はどうですか?あれから変わりはないですか?と、私を気遣う優しいお言葉。

のび太はエコーの機械をガチャガチャやってます。

のび太ぁぁあああ!!!

F先生からクアトロ検査の話を聞いたけど、先生が担当した妊婦さんで、カットオフ値が3桁で、陽性が出た人はいません。今までで一人だけいましたが、その方の確率は一桁に近い確率でした。と。

確率の話ですから、絶対じゃないですけど、といいますが、その話を聞いて、すごく元気がでました。

のび太、聞いてるのか!?お前に足りないのはこれだよ!

お腹を出して、エコーで確認。F先生はのび太のせいでエコーがみえない私に、赤ちゃんは元気ですよ。と、声をかけてくれます。

そして、針をさすところをのび太に指示して、シールみたいのが貼られました。あとから刺したところをみたら、おへその右側、真横でした。

エコーの機械にビニールを被せ、お腹を消毒、それから穴のあいた青い布を被せました。

のび太がお腹をすごくグリグリするので、急に下腹に異変が。

おならが出そう。マジ、ヤバい。
もしかしたら、実かもしれない。

でも、このタイミングでトイレなんて、言えないかも。

経験で知ってる、これは実じゃない、空気だよ。我慢できるか?!針を刺したら二時間安静。大丈夫か、わたし?!

と、自問自答をしていると、針が用意されて、F先生が少し押された感じになりますよーって。

そして、ぶすっーーーと!
やっぱり、麻酔なし。

刺してるのは、のび太。

押してるなんてもんじゃなくて、明らかに刺さってる痛さ。

予防接種くらいの痛さだけど、痛みの時間が長い。思わず、いたただだだって言ってしまいました。

刺してから、F先生がすぐに、羊水を取り始めたのですが、針が細いから少し時間がかかります、って。

今、順調にとれてますよー、きれいな色ですよーとか話してくれます。

エコーがみえないので、のび太に赤ちゃんは大人しくしてますか?と聞いたら

一言、動いてます。

(#`益´)凸

マジ、一回体育館の裏に呼び出すよ?

二本摂取して、無事に終了。

採取した羊水を見せてもらったら、おーいお茶みたいなきれいな黄色でした。

一発でできて、本当によかったです。実は二回目をさしてダメならやめてくれって言うつもりだったんです。

流産のリスクもあるけど、何よりうまくいかない=やらなくていいって暗示みたいに思っていたんです。

胎盤の位置が悪くて針をさせる場所が限られているのに、そこに赤ちゃんがくるので、断念したけど、赤ちゃんの意思かも。って書いてあるブログを読んで私も失敗したらやめよう、と考えていました。

9時に病院について、終わったのは9時半。

そして、11時ちょいすぎにF先生がきてくれて再度エコー。

寝ている私からはエコーが見えないのですが、見えるように機械を動かしてくれて、説明してくれました。

心臓も今のところ、問題ないです、と、また安心させてくれます。

のび太は、F先生の爪の垢を飲むといいよ。ほんとに!

それと、性別がわかるかもと、聞いてみたら、まだ小さいからといいながらも、ゆっくり見てくれて、オチンチンは今のところ見えませんとのこと。

実は羊水検査を受けると、性別も確実にわかるんですよね。同意書には、特別な場合を除いて、性別をお知らせしません、とあったのですが、先生に教えてもらえないか、聞いてみました。

最近は検査結果が送られてくるとき、性別が隠されていることが多いんですって。でも、わかればお知らせしますよ、と約束してくれました。

まぁ、元気なら性別はどっちでもいいんですけど。

着替えて、会計を済ませて病院を出のは、12時半くらいでした。

費用は12万ぴったり。ちなみに、クアトロ検査は3万でした。(相場より少し高め)

抗生物質やはりどめのお薬は無し。

結果は9月1日にわかります。その前にわかれば電話があるとのこと。また、悩ましい日々が始まります。


今から受けられる方は、本当に不安だと思います。あの気持ちは当事者じゃないとわからないと思います。


話してどうもならないけど、誰かに聞いてもらうだけで少しだけ楽になれたりします。

このblogで、私の気持ちを書いたら温かいコメントをたくさん頂き、本当に感謝しています。ありがとうごさまいます。

そして、今度は私が同じように不安で押し潰されそうなママたちのお役に少しでも役に立てば、と思います。


追伸
帰宅後、寝るまでの間、彼をコキ使ったのは言うまでもありません(笑)


最後までお読みいただきありがとうございます。
応援ポチ、よろしくお願いします
↓↓↓↓

高齢出産ブログランキング





2014.08.19 Tue l 出生前診断 l コメント (5) l top
昼前に孫たちが帰ってから、ずっとネットで羊水検査のことを調べてます。

羊水検査の手順や検査でわかること、そして、ダウン症や障害があることを知った上で、出産した人たちのブログ。

羊水検査が不安で仕方ありません。

羊水検査でわかることは

・21トリソミー(ダウン症候群)
・18トリソミー(心奇形、知的障害、腎 奇形等)
・13トリソミー(口唇裂、小眼球症、多指症等)
・Xモノソミー(ターナー症候群)
・重複X女性
・クラインフェルター症候群
・YY症候群

私のクアトロ検査の結果
ダウン症の確率 1/218

私の中では、予想以上に良い結果でした。基準となる1/295よりは、良くないのはわかってます。

でも、予想より4倍も良かったので、根拠もなく安心している私がいます。

羊水検査が不安なのは、流産などのリスクより確定診断が出てしまうこと。

お腹の赤ちゃんを生みたいです。

でも、確定診断がでたらその結果次第で、諦めることを夫婦で決めています。


ダウン症のお子さんを育てている人のブログを見てると、子供に対する愛で溢れていて、まぶしいです。

そして、私が考えている以上に世の中は、障害を持った子供にたいして、支援がありました。


また、羊水検査でわかる障害より生まれてからでないとわからない障害のほうがはるかに多いことも知りました。

生まれる前にダウン症だからと子供を諦める人間に、生まれてから障害がわかったとき、その子供を育てられるのか?

この問いかけに、私は考え込んでしまいます。

そんなことをいいだしたら、きりがないのはわかってます。

病気だけではなく、事故で障害を、もってしまうこともあります。


ネットは手軽に知りたい情報を調べられるけれど、知らなくていいことも知ってしまうのですね。


クアトロ検査が陽性でも、羊水検査を受けなかった人が多くいました。

私も今、羊水検査をやめようか迷ってます。


でも、失礼なのを承知で書きますが、障害を持っている子供たちの画像をみると、やはり何があっても受け入れる、という気持ちはしぼんでしまいます。

生まれたからには、誰からも祝福される子供でもあってほしいと思うからです。


ウジウジと悩む私より、娘のほうがずっと肝がすわっていて、どんな赤ちゃんでも出来る限りの協力はするよ、と言ってくれます。


たぶん、検査は受けると思うのですが、こうして悩んでる気持ちを、吐き出したいだけなのかもしれないです。


思えば、娘の時は周りの友達はまだ大学生で、相談する人がいなくて、今回は今さらの妊娠なので、やっぱり友達に相談できないんですねぇ。


検査は18日の9時。

それまで、まだ時間が少しだけあるので、自分の気持ちを整理して、後悔しないように悩んで悩み抜こうと思います。


最後までお読みいただきありがとうございます。
応援ポチ、よろしくお願いします
↓↓↓↓

高齢出産ブログランキング



2014.08.17 Sun l 出生前診断 l コメント (4) l top
今日は朝イチで彼は仕事があったので、娘の旦那さんに病院へ送ってもらい、9時に病院へ行きました。


受付を済ませて待っていると、予約時間より少しだけ遅れて、呼ばれました。


診察室に入ると、前回とはまた違う先生。しかも、のび太君みたいな感じで、眼鏡をかけた若い男の先生でした。

なんか、嫌な予感。

椅子に座って、すぐに結果の話。


陽性です。


覚悟は出来ていましたが、床がガラガラと抜けて、中に浮いてるようでした。

羊水検査は受けるんですよね?同意書はありますか?

淡々と次のステップの話をする先生のドライさに、かえって救われたような気がしました。

なんていうか、目の前にやることがあるとそれに集中している間は忘れられるみたいな感じ。

羊水検査の結果次第では、子供を諦めるので、とにかく早い方がいい、ということで月曜に決まりました。

検査の予約、日帰りですが入院をするのでその手続きがあるので、一度部屋をでて待ってくださいといわれ、外へ。

待っている間、30分くらいだとは思いますが、いろんな思いが沸き上がり、苦しくて辛かったです。

今日はお盆休みということもあって、夫婦で検診にきている方も多く、中には夫だけではなく、お母さんも連れて妊婦様行列の方もいました。

そんな人たちを眺めながら、ぼっーとしていたら、涙がこみあげてきました。

胎動もあって、お腹も膨らんできて、赤ちゃんは私の中で一生懸命生きています。私だって生みたい。

でも、障害があるとわかっている子を産めるほど、私は強くないです。もちろん、彼とは何度も話し合いました。

どんな結果でも覚悟はできているつもりでしたが、全然出来ていなかったのかもしれません。

耐えきれず、トイレで声を押し殺して泣いてしまいました。


泣きながら、少しずつ落ち着いてきて、そう言えば陽性といわれたけど、数値は聞いてないことを思い出しました。

次に先生に呼ばれて診察室に入ったときに、検査の手順を聞かされました。

一通り話が終わったあと、数値を聞くと、先生はこともあろうか、わからないと言うんです。

頭の中でゴングが、カーンと鳴りました。

わからないってどういうことですか?数値もわからないまま、陽性という連絡だけくるんですか?採血をしてから2週間もたっているのに、どういうことですか?

と、先生に噛みつきました。

結果はきているんですが、僕は数値まではわかりません、って。

はぁ???

わからない人が、こんな大事なことを伝えるのはおかしいんじゃないですか?F先生ならわかるんですか?今すぐ知ることはできないのですか?

と、私なりに、できる限り静かに聞いたつもりです。

お昼まで待ってもらえるなら、わかります、と先生。

待てないよ、たった30分でも、自分で冷静にしていることが辛くて、今にも叫んでしまいそうなのに。それに、もうすぐ彼が迎えに来るし、これからのこと話さないと。

電話で教えてもらえるということで、家で待つことにしました。

あと、この病院ではどのくらいの頻度で羊水検査をするか聞いたら、まぁたまにありますよって。

はぁ???

総合病院じゃろが!

なんのためにここに決めたんだと思ってるんだ!

とは、先生には言えませんでしたが、羊水検査はなるべく経験のあるベテランの先生にお願いしたいと伝えたら、のび太先生は、それは出来ませんって。

はぁ??

手術とかスケジュールがあるから、指名はできないって。もしかしたら、僕がやるかもしれませんって。

あんただけは嫌だよ!!って、あからさまに顔に出たんだと思います。

そのあと、先生が他の病院でもできますよ。って。

ばっかじゃねーの!時間の猶予がないんだろうが。今さら他の病院にいってどうすんじゃ。

なんだろ、この先生にはいちいち腹が立つ。

先生は羊水検査の経験はあるんですか?
と、聞くのが精一杯。

ありますよ。と先生。

全くやったことのない先生がやるなんてことはないんですよね?って聞くと、それは大丈夫ですと。

今さら病院を変えるつもりはないこと、数値だけは知りたいから、必ず今日中に電話をしてほしいことを伝えて、帰ってきました。

帰りの車の中で彼に結果を伝えました。

うそっ!って、驚いてました。

そして、そのあと何度も何度も、私に辛い思いをさせてゴメンね、と謝ります。

私の方こそごめんね。と二人でずっと謝り続けました。

そして、羊水検査のこと、クワトロ検査の数値がわからないこと、病院で私が感じたこと、すべて話しました。

彼にはこれ以上心配かけたくないし、辛い思いはさせたくないので、家についてから電話がくるまで、なるべく、いつも通りに過ごしました。

二人でDVDをみたり、アプリのゲームをしたり。

15時30分を過ぎても、先生から電話がないので、しびれを切らして私から電話しました。

先生はまだ忙しくて、かけれないのですが、必ず本日中にはかけ直しますと、言われました。

それから、一時間もしないうちに、かかってきました。


21トリソミー(ダウン症)1/218
開放性神経管奇形 1/12000
18トリソミー 低すぎて数値が出ない

ダウン症以外は陰性とのこと。

私は数値が1/51より高いと思っていたので、予想外に低い(それでも陽性ですが)数値にほっとしてしまいました。

こちらを参考にしています。
年齢別ダウン症の確率


家に戻って落ち着いたこと、数値が自分で思っていたよりよかったことで、気分がだいぶよくなって、診察中に失礼な態度をとったことを、先生に謝りました。

検査の結果がでるまで約3週間。


時々、ブルーになって泣いてしまう夜もきっとあると思います。ブログにもそういう気持ちを書いてしまうこともあるかもしれません。

今は信じて待つしかありません。

もう、妊娠して出来ないことを数えるのは止めて、赤ちゃんとの楽しい生活のことだけを考えます。


最後までお読みいただきありがとうございます。
応援ポチ、よろしくお願いします
↓↓↓↓

高齢出産ブログランキング







2014.08.15 Fri l 出生前診断 l コメント (0) l top